Last Updated: Mar. 25, 2015

[English]


東 陽(Yoichi HIGASHI)

大峯山系にて



















連絡先
〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1
大阪府立大学中百舌鳥キャンパス B9棟206号室
E-mail: higashiyoichi ( 後ろに @ms.osakafu-u.ac.jp )
Twitter: @Papi_suke

所属
大阪府立大学 大学院工学研究科 電子・数物系専攻 博士後期課程3年


研究テーマ
[ 多層系における不均一超伝導状態での渦糸構造の研究 ]

[ 空間反転対称性のない系での超伝導渦糸状態における不純物効果についての研究 ]

[ 異方的超伝導体の渦糸状態について: 回転磁場下での磁束フロー抵抗の理論/Vortex Coreにおける準粒子散乱の理論 ]
  • Fermi面の異方性(面内異方性)が磁束フロー抵抗の磁場角度依存性に及ぼす影響について調べた[6].
  • 準粒子散乱率の磁場角度依存性を理解するために,準粒子散乱率の波数k(Fermi面上の場所)依存性を調べた [7].
  • 一軸異方性のあるFermi面に対して,Fermi面の一軸異方性と準粒子散乱率の磁場角度依存性の関係を調べた [4].
  • 観測可能量である磁束フロー抵抗の磁場角度依存性について調べた [3].
  • 渦糸コアでの準粒子散乱率の磁場角度依存性について調べた [2].

    メンバー紹介へ

    Publications:

    [1] N. Hayashi, Y. Nagai, and Y. Higashi,
    Analysis of field-angle dependent specific heat in unconventional superconductors: a comparison between Doppler-shift method and Kramer-Pesch approximation,
    Physica C 470 (2010) S865-S867. [link] [arXiv]

    [2] Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, and N. Hayashi,
    Field-angle dependence of the quasiparticle scattering inside a vortex core in unconventional superconductors,
    Physica C 471 (2011) 828-830. [link] [arXiv]

    [3] Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, and N. Hayashi,
    Phase-Sensitive Flux-Flow resistivity in Unconventional Superconductors,
    J. Phys.: Conf. Ser. 400, 022025 (2012). [link] [arXiv]

    [4] Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, and N. Hayashi,
    Effect of uniaxially anisotropic Fermi surface on the quasiparticle scattering inside a vortex core in unconventional superconductors,
    Physica C 484, 97 (2013). [link] [arXiv]

    [5] N. Hayashi, Y. Higashi, N. Nakai, and H. Suematsu,
    Effect of Born and unitary impurity scattering on the Kramer-Pesch shrinkage of a vortex core in an s-wave superconductor,
    Physica C 484, 69 (2013). [link] [arXiv]

    [6] Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, and N. Hayashi,
    Effect of anisotropic Fermi surface on the flux-flow resistivity under rotating magnetic field,
    Phys. Proc. 45, 137 (2013). [link] [arXiv]

    [7] Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, and N. Hayashi,
    Field-angle Resolved Flux-flow Resistivity as a Phase-sensitive Probe of Unconventional Cooper Pairing,
    Phys. Rev. B 88, 224511 (2013). [link] [arXiv]

    [8] Y. Higashi, Y. Nagai, and N. Hayashi,
    Impurity Effect on the Local Density of States around a Vortex in Noncentrosymmetric Superconductors,
    JPS Conf. Proc. 3, 015003 (2014). [link] [arXiv]

    [9] Y. Higashi, Y. Nagai, T. Yoshida, and Y. Yanase,
    Vortex Core Structure in Multilayered Rashba Superconductors,
    J. Phys.: Conf. Ser. 568, 022018 (2014). [link] [arXiv]

    [10] Y. Higashi, Y. Nagai, T. Yoshida, M. Kato, and Y. Yanase,
    Excitation spectra and wave functions of quasiparticle bound states in bilayer Rashba superconductors,
    Physica C. [link]

    国際会議における発表:

  • Y. Higashi, Y. Nagai, T. Yoshida, M. Kato, Y. Yanase: (oral)
    Excitation Spectra and Wave Functions of Quasiparticle Bound States in Bilayer Rashba Superconductors,
    The 27th International Symposium on Superconductivity (ISS2014),
    Tokyo (Japan), 25 - 27 November 2014.

  • Y. Higashi, Y. Nagai, T. Yoshida, Y. Yanase: (poster)
    Vortex Core Structure in Multilayered Rashba Superconductors,
    The 27th International Conference on Low Temperature Physics (LT27),
    Buenos Aires (Argentina), 6 - 13 August 2014.

  • T. Yamane, Y. Higashi, M. Kato, Y. Nagai, K. Tanaka, N. Hayashi: (poster)
    Impurity scattering effect on the local density of states around a multi-quantum vortex,
    The 26th International Symposium on Superconductivity (ISS2013),
    Tokyo (Japan), 18 - 20 November 2013.

  • Y. Higashi, Y. Nagai, N. Hayashi: (poster)
    Impurity Effect on the Local Density of States around a Vortex in Noncentrosymmetric Superconductors,
    The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2013 (SCES2013),
    Tokyo (Japan), 5 - 9 August 2013.

  • Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, N. Hayashi: (poster)
    Effect of anisotropic Fermi surface on the flux-flow resistivity under rotating magnetic field,
    The 25th International Symposium on Superconductivity (ISS2012),
    Tokyo (Japan), 3 - 5 December 2012.

  • Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, N. Hayashi: (poster)
    Effect of uniaxially anisotropic Fermi surface on the quasiparticle scattering inside a vortex core in unconventional superconductors,
    The 24th International Symposium on Superconductivity (ISS2011),
    Tokyo (Japan), 24 - 26 October 2011.

  • Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, N. Hayashi: (poster)
    Phase-Sensitive Quasiparticle Scattering inside a Vortex Core in Unconventional Superconductors,
    The 26th International Conference on Low Temperature Physics (LT26),
    Beijing (China), 10 - 17 August 2011.

  • Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, N. Hayashi: (poster)
    Field-Angle Dependence of the Quasiparticle Scattering inside a Vortex Core in Unconventional Superconductors,
    The 23th International Symposium on Superconductivity (ISS2010),
    Tsukuba (Japan), 1 - 3 November 2010.

    学会発表:

  • 東 陽一, 永井佑紀, 吉田智大, 加藤勝, 柳瀬陽一:
    二層ラシュバ超伝導体中の渦糸および端束縛状態の励起スペクトルと波動関数,
    日本物理学会 第70回年次大会: 早稲田大学 (2015年3月24日, [24aPS-19])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 吉田智大, 柳瀬陽一:
    多重層ラシュバ超伝導体中の渦糸コア構造,
    日本物理学会 2014年秋季大会: 中部大学 (2014年9月10日, [10aBB-7])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 林 伸彦:
    空間反転対称性のない系での渦糸束縛状態に対する不純物効果:自己無撞着Born近似による解析,
    日本物理学会 第69回年次大会: 東海大学 (2014年3月30日, [30aCA-12])

  • 柏木正隆, 加藤勝, 東 陽一:
    ナノ構造超伝導体における磁場下での奇周波数超伝導の構造,
    日本物理学会 第69回年次大会: 東海大学 (2014年3月27日, [27pCA-6])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 林 伸彦:
    空間反転対称性のない系における超伝導渦糸周りの局所状態密度に対する不純物効果III,
    日本物理学会 2013年秋季大会: 徳島大学 (2013年9月27日, [27pEB-2])

  • 東 陽一, 林 伸彦: (ポスター)
    空間反転対称性のない系における超伝導渦糸周りの局所状態密度に対する不純物効果II,
    日本物理学会 第68回年次大会: 広島大学 (2013年3月27日, [27aPS-107])

  • 東 陽一, 林 伸彦: (ポスター)
    空間反転対称性のない系における超伝導渦糸周りの局所状態密度に対する不純物効果,
    日本物理学会 2012年秋季大会: 横浜国立大学 (2012年9月20日, [20aPSB-52])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 町田昌彦, 林 伸彦:
    回転磁場下における磁束フロー抵抗に対する異方的フェルミ面の効果,
    日本物理学会 第67回年次大会: 関西学院大学 (2012年3月24日, [24aBC-10])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 町田昌彦, 林 伸彦:
    異方的超伝導体における渦糸コア内での位相敏感な準粒子散乱II,
    日本物理学会 2011年秋季大会: 富山大学 (2011年9月21日, [21aHC-8])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 町田昌彦, 林 伸彦: [講演資料提出]
    異方的超伝導体における渦糸コア内での位相敏感な準粒子散乱,
    日本物理学会 第66回年次大会: 新潟大学 (2011年3月25日, [25aEH-11])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 林 伸彦:
    回転磁場下での磁束フロー抵抗の理論III,
    日本物理学会2010年秋季大会: 大阪府立大学 (2010年9月23日, [23aXB-1])

    国内研究会:

  • 東 陽一, 永井佑紀, 吉田智大, 柳瀬陽一:
    多層ラシュバ超伝導体における渦糸構造,
    第22回渦糸物理国内会議, ハイランドふらの (富良野), (2014年7月10 - 12日, [11P1-4])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 吉田智大, 柳瀬陽一: (poster)
    多層系超伝導体における渦糸構造,
    物性研短期研究会「スーパーマターが拓く新量子現象」, 物性研究所 (柏), (2014年4月17 - 19日, [P-12])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 林 伸彦: (oral)
    空間反転対称性のない系での渦糸構造に対する不純物散乱効果,
    東北大学金属材料研究所 共同利用研究会「超伝導ナノ構造の転移温度上昇と磁束構造」, 東北大学金属材料研究所 (仙台),(2014年2月7 - 8日)

  • 東 陽一, 永井佑紀, 林 伸彦: (oral)
    空間反転対称性のない系での渦糸束縛状態に対する不純物効果:自己無撞着Born近似による解析,
    第21回渦糸物理国内会議, 東北大学金属材料研究所 (仙台), (2013年12月12 - 14日)

  • 東 陽一, 林 伸彦: (oral)
    空間反転対称性のない系での超伝導渦芯における局所状態密度に対する不純物効果,
    第20回渦糸物理国内会議, 鷲羽山 下電ホテル (倉敷), (2012年12月8 - 10日)

  • 東 陽一, 永井佑紀, 町田昌彦, 林 伸彦: (oral)
    Field-angle dependence of flux-flow resistivity in unconventional superconductors,
    第19回渦糸物理国内会議, (独)物質・材料研究機構 (つくば), (2011年12月7 - 9日, [F03])

  • Y. Higashi, Y. Nagai, M. Machida, N. Hayashi: (poster)
    Phase-sensitive Flux-flow Resistivit in Unconventional Superconductors,
    The 11th Tamura Memorial Symposium 〜Frontiers in Nanoscience〜, Osaka Prefecture University (Sakai, Osaka), (December 3-5, 2011, [P-3])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 林 伸彦: (poster)
    異方的超伝導体における渦糸コア内での準粒子散乱率の磁場角度依存性,
    新学術領域研究「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」第1回領域研究会, 京都大学時計台記念館国際交流ホール (2010年12月18 - 20日, [P5])

  • 東 陽一, 永井佑紀, 町田昌彦, 林 伸彦: (oral)
    異方的超伝導体における渦糸コア内での位相敏感な準粒子散乱,
    第9回低温工学・超伝導若手合同講演会, 大阪市立大学文化交流センター (大阪), (2010年12月10日)

  • 東 陽一, 永井佑紀, 林 伸彦: (oral)
    異方的超伝導体における渦糸コア内での準粒子散乱率の磁場角度依存性,
    第18回渦糸物理国内会議, 日本原子力研究開発機構 システム計算科学センター (上野), (2010年12月1 - 3日, [I2])

    セミナー:

  • 東 陽一
    異方的クーパー対の位相敏感プローブとしての磁場角度分解磁束フロー抵抗,
    物性理論コロキウム, 新潟大学 (2014年3月17日).

  • Y. Higashi
    Robust zero-energy bound states around a pair-density-wave vortex core in locally noncentrosymmetric superconductors,
    招待セミナー, 成均館大学校 (2015年3月16日).
    研究室へのアクセス

    より大きな地図で 数理工学分野 量子物理学研究グループ を表示





    北アルプス 天狗池















    北アルプス 天狗池
    第15回鳳雛賞(数理工学分野,平成24年3月)
    修士論文タイトル
    「異方的超伝導体における位相敏感な磁束フロー抵抗の理論」

  • 2010-2011 第56回物性若手夏の学校サブゼミ世話人

    東 陽一, 山中里奈, 藤本純治, 多羅間充輔, 杉浦祥, 挾間優治, 江口渡
    「第56回物性若手夏の学校開催報告」,
    日本物理学会誌 67, 199 (2012).

  • 第58回物性若手夏の学校

  • 2013- 関西若手物性研究会世話人

  • ナノ科学・材料研究センター 林伸彦講師/林研究室

  • 日本原子力研究開発機構 永井佑紀さん

  • 数理工学分野 量子物理学研究グループ